top of page

日本薬学会144年会でクルクルージュに関するセミナーを開催しました。

2024年3月31日(日)に日本薬学会第144年会/株式会社セラバイオファーマ共催ランチョンセミナー(セミナー名:健康長寿に向けた高吸収クルクミン~クルクルージュの科学的エビデンス)を開催しました。


本ランチョンセミナーでは、クルクルージュの有効性として、①新型コロナ感染症と免疫機能の改善、②心筋梗塞モデル動物での心機能の改善効果、③変形性膝関節症への効果について、京都大学薬学部教授・掛谷先生の座長のもと3名の権威ある先生方にご紹介いただき、健康長寿社会におけるクルクルージュの役割について討論しました。(演題の詳細は動画ならびにポスターをご覧下さい)



「クルクルージュの新型コロナ感染症に対する効果および好中球/リンパ球比の低下作用」

 長谷川 浩二 先生(独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 臨床研究センター 展開医療研究部研究部長)





「クルクルージュの心筋梗塞モデルでの心機能の改善効果」

 森本 達也 先生(静岡県立大学 薬学部 分子病態学 教授)





「クルクルージュの変形性膝関節症への効果」

 中川 泰彰 先生(日本バプテスト病院 整形外科 主任部長)






最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page