top of page

クルクルージュの変形性膝関節症に関する論文が公開されました。


2023年10月22日、クルクルージュの変形性膝関節症に関する論文が、Clinical Medicine Insights上で公開されました。





タイトル


Efficacy of High- and Low-Dose, Highly Bioavailable Curcumin (curcuRouge®) for Treating Knee Osteoarthritis: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Prospective Study


筆者


Yasuaki Nakagawa, Shigeru Yamada, Shogo Mukai, Kaori Akiyoshi, Yasuhiro Katsuura, Tadashi Hashimoto


雜誌名


Clinical Medicine Insights Vol. 4 No. 3, 415-429 (2023)


抄録


Purposes: To evaluate the clinical effects of orally administered curcuRouge® in patients with knee osteoarthritis (OA) after 12 weeks of treatment.

Methods: In this randomized, double-blind, placebo-controlled,

prospective clinical study. 90 patients over the age 40 with knee OA of Kellgren-Lawrence (KL) Grade Il or III were enrolled. A placebo or curcuRouge® containing 60 mg or 180 mg/day of curcumin was administered orally every day for 12 weeks. To monitor adverse events, blood biochemical analyses were performed before and after 12 weeks of each intervention. The patients knee symptoms were evaluated for 12 weeks using the Japanese Knee Osteoarthritis Measure (JKOM) criteria, a knee pain visual analog scale (VAS), the Japanese Orthopedic Association (JOA) knee scoring system, the need for nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) and a timed up-and-go test (TUG).

Results: The declining trend in NSAIDs needs was significantly greater in high-dose curcuRouge® group than in placebo group. The decrease of highly sensitive CRP was significantly greater in high-dose of curcuRouge® than placebo group. In patients with KL Grade II, JOA and VAS scores improved significantly more in the high-dose curcuRouge® group than in the placebo group. We didn't find curcuRouge® related adverse event during the study period.

Conclusion: curcuRouge® has succeeded in proofing a potential for treating human knee OA, particularly at an early stage.





試験の概要


試験デザイン:

 ランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験


対象者:

 変形性膝関節症患者、KL分類(Kellgren-Lawrence分類)ⅡおよびⅢ


試験群:

 クルクルージュ高用並摂取群;1カプセルあたりクルクミン90mgを1日2カプセル

 クルクルージュ低用並摂取群;1カプセルあたりクルクミン30mgを1日2カプセル

 プラセボ群;1日2プラセボカプセル


摂取期間:

 12週間


対象者数:

 1群あたり30名


主要評価項目:

 日本整形外科学会JOAスコア(膝機能性スコア)

 日本版変形性膝関節症患者機能評価表

 痛みの自己認載スコア

 非ステロイド性抗炎症薬の使用


KL分類IIの変形性膝関節症患者における12週間のJOAスコア(膝機能性)変化を見たところ、プラセボ群と比較してクルクルージュ高用量摂取群で有意にJOAスコアが改善していることが分かりました。





他方、KL分類Ⅱの変形性膝関節症患者における痛みの自己認識スコアでは、12週間の摂取期間にプラセボ群と比較してクルクルージュ高用量摂取群で有意に痛みが低減していることが分かりました。





血液成分分析では、12週間の摂取期間における慢性炎症のマーカーである高感度CRPの変化を見たところ、プラセボ群と比較して、クルクルージュ高用量摂取群で有意に大きく低減していることが分かりました。




最新記事

すべて表示
bottom of page