NEWS

第15回日本臨床腫瘍学会・シンポジウムでの発表が新聞に掲載されました

京都大学らとの共同研究成果として、プロドラッグ型クルクミン(CMG)の抗がん効果が第15回日本臨床腫瘍学会・シンポジウム(2017-7-27)で金井雅史先生(京都大学大学院医学研究科)から発表されました。この内容が前日の読売新聞にも掲載され大きな反響がありました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください